ジェフ便り

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

鈴木椋大選手「去年やってきたことの積み重ねと今年入った選手のいいところがいい感じで出ていて、みんなもそれぞれ特徴が分かってきている。それが試合で発揮できたらいい」

2021年02月27日 20:07 by akanuma_keiko

写真=2020年1月6日撮影

●鈴木椋大選手:

Q:2月28日の甲府戦に出場するとしたら、(プロのキャリアでは)初めての開幕戦出場だと思うのですが、今、迎えるにあたっての気持ちを教えてください。

「プロに入って初めてのことなので、たぶん当日になればまた違う気持ちが生まれてくると思うんですけど、今のところは落ち着いているというか、始動して沖縄キャンプに入って、いいトレーニングが積めてきているので、そこらへんはあんまりというか、今のところはまったく普通の感情かなという感じです」

Q:個人として、そしてチームとしての手応えはいかがですか。

「個人としては、今年に関してはオフが短かったということもあったんですけど、そんなに悪い入りというのはなくて、本当にしっかりといい感じで入れて、沖縄キャンプもまずは怪我なくこなせて、(千葉に)帰ってきてからもしっかりといい準備ができているなという印象です。チームとしても、去年からいる選手と今年になって新しく入った選手と一緒にやってきて、去年やってきたことの積み重ねと今年入った選手のいいところがいい感じで出ていて、みんなもそれぞれ特徴が分かってきているので。それが試合で発揮できたらいいなという感じですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)