ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:攻守の出足で負けてセカンドボールを拾えず、修正力とアイデアを欠く攻撃で無得点負け

【栃木vs千葉】レポート:攻守の出足で負けてセカンドボールを拾えず、修正力とアイデアを欠く攻撃で無得点負け

2020年12月18日 11:09 by akanuma_keiko

もったいない敗戦だった。選手の状況判断やプレーの精度、そして尹晶煥監督の采配がもう少し違ったものだったら、結果は違うものになったかもしれない。そして、その『もう少し違ったもの』というのは、そこまで難しいものではなかったはずだ。前節(第40節・徳島戦)から7人ものスタメン変更があり、選手それぞれに長所と短所があるとはいえ、チームとして攻守でやるべきことが徹底され、戦況に応じて柔軟に修正できる力を備えていればできたことだ。だが、やはり今季の千葉はJ2リーグ戦があと1試合となってもまだチームとしては未熟だし、選手の頭の中も変化があまりないことが露呈した一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】プレビュー:連勝で勢いのある相手のサイド攻撃に対応し、相手にとって嫌なところを突いて攻めたい

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)