ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:試合を通して粘り強く守って無失点も、攻撃面と采配に大きな課題が見えた引き分け

岡野洵選手「マスさんがああいうふうに(契約)満了になったからこそ、僕は教えてもらっていたので胸を張って、ジェフで残り3試合ですけど、全力でプレーできたらなと思っています」

2020年12月12日 19:01 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

●岡野洵選手:

Q:前節(第39節・甲府戦)では交代出場しましたが、すごく久しぶりの(第21節・山口戦以来)の出場でした。その中でもチームは1-0で勝って、自分が与えられた役割は全うできたのかなと思っています。もちろん、もっと長くプレーできればというのがあったと思いますが、短い時間ではあっても、改めて久々に試合に出たことでの自分のプレーの手応え、それからもう少しここをこうしたかったとか足りなかったなと感じる部分についてはいかがですか。

「怪我もあって久しぶりの出場の中で、(出場時間は)短かったですけど、出られたということは自分の中で収穫ではあって、その中でもうちょっと全体を見て、落ち着いてまわりを動かせたり、より簡単に守備ができたりしたら、もっと良かったと思います。次節からそれを意識して、試合に出たらやるだけかなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)