ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:セットプレー絡みとカウンター攻撃で得点し、局面で体を張って守りきって無失点勝利

【新潟vs千葉】プレビュー:前節のハードワークと距離感の良さを継続し、勝利を貪欲に追求するプレーをやりきる

2020年11月15日 09:31 by akanuma_keiko

第32節・山形戦では今季2度目となる1-5というスコアでの大敗を喫した千葉。5連戦の3試合目で身体的ダメージも当然あるものの、心理的ダメージの大きさが危惧されながらも、中2日で迎えた前節(第33節・松本戦)で尹晶煥監督は思い切った選手起用を行なった。負傷箇所が回復したあとも出場機会がなかなか来なかったクレーベ、トレーニングでゴールを奪うなど調子の良さを見せながらもベンチ入りからも遠ざかっていた工藤浩平をスタメンで起用。クレーベのポストプレーや工藤のリンクマンとしての奮闘もあり、前半は押し気味だった。それでも、CK後のこぼれ球から失点して先制を許したが、すぐさま堀米勇輝のFKからゲリアが同点ゴールを奪い、前半のうちに堀米が直接FKを決めて逆転。優れたプレースキッカーの堀米だが、11月13日のオンラインの囲み取材での話では「技術というよりは、自分に『絶対に決めるんだ』と言い聞かせた」というゴールだった。後半開始から選手交代を行なって流れを変えにきた松本に押された後半、千葉にとっては不運な判定のPKを決められて2-2に追いつかれた。しかし、負傷箇所が回復して交代出場した川又堅碁が後半のアディショナルタイムに劇的なゴールを奪い、今季初の逆転勝利を収めた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

クレーベ選手「自分たちはこの戦い方でしっかりとやっていけば、自ずといい結果がついてくるものだと思っています」

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)