ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:セットプレー絡みとカウンター攻撃で得点し、局面で体を張って守りきって無失点勝利

堀米勇輝選手「正直、嬉しかったですけど、まだまだこれからというか、こんな現状で満足していられないというほうが強いです」

2020年11月13日 19:46 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

●堀米勇輝選手:

Q:前節(第33節・松本戦)の前の試合(第32節・山形戦)は1-5というメンタル的にも厳しい敗戦で、前節は最終的には勝ちましたが、リードしながら途中には追いつかれるという展開で、チームとしても、プレーしている選手個人としても、リバウンド・メンタリティが求められた試合だったと思います。そういったところで、気持ち的な部分も含めて、改めて前節の試合を振り返っていただけますか。

「前々節は1-5という敗戦がありましたけど、もう過去は戻ってこないので、とにかく来る松本戦に向けて自分たちがやれることをもう1回整理して、個人としても、チームとしても原点に戻ってやっていこうという(尹晶煥)監督からの話もあったので、過去を引きずるのではなく、いい方向に持っていくということは意識していました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「キーポイントとしては遠藤と中野という2人の選手になるんじゃないかなと思います」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

田口泰士選手「今、一番大きいのは試合をやりながら自分たちでピッチの中で意見を出し合ってやっているということ」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

安田理大選手「何かこう終盤になってきてちょっと自信をつけてきたのかなというのを感じますね」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)