ジェフ便り

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

2020年10月27日 09:01 by akanuma_keiko

勝てない試合ではなかった。福岡に推される時間帯が長かったにしても、内容を考えれば引き分けることができた試合だった。だが、そういった試合で『1点』を奪えず、今季は一度も逆転勝利がないところに、今の千葉の弱さが表われていた。守備から入るチームでも先に失点しまうことはある。しかし、今の千葉は相手に奪われた『1点』を、実際の状況以上に重く感じてしまっている気がする。試合後に先制点を重く感じたと発言してしまうところに、1点取られたのならば2点奪い返せばいいというメンタルの強さが感じられない。J2リーグ戦はすでに3分の2を消化しているのに、千葉はまだ弱いままだ。

今節の千葉のスタメンは、前節(第28節・金沢戦)で2-0の勝利を収めた流れを生かすためか、そして5連戦のラストゲームではあるものの、その選手たちのコンディションに問題がなかったからか、前節と同じだった。一方、福岡のスタメンは前節(第28節・町田戦)から4人変更となった。ダブルボランチの一角が渡邉草民から前寛之に、右サイドハーフが増山朝陽から福満隆貴に、左サイドハーフが木戸皓貴から石津大介に、2トップの一角が累積警告による出場停止のフアンマ デルガドから遠野大弥に変わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

クレーベ選手「自分たちはこの戦い方でしっかりとやっていけば、自ずといい結果がついてくるものだと思っています」

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)