ジェフ便り

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

新井一耀選手「チャレンジするのか、しないのかという一瞬の判断のところは、もっともっと伸ばしていかなきゃいけないと、自分自身思います」

2020年10月25日 19:06 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

●新井一耀選手:

Q:前節(第28節・金沢戦)では久しぶりにスタメンで出場しましたが、それまでの間は試合のメンバー外だったこともありました。そういった状況の中で、どのような思いでトレーニングに臨んで、試合に臨んだのか、教えていただけますか。

「チームもなかなか勝てない時期が続いていたりして、そこで自分のパフォーマンスもあまり良くなかった部分があったので。そこで練習から試合に出た時にしっかりプレーできるようにということを意識して、いつ試合に出てもしっかりとしたプレーができるような準備と、あとは自分のレベルアップのところを毎日見つめ直して、どこが足らないのか、どういうことをやっていかなきゃいけないのかというところも見つめ直しながら、やってきました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)