ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:守備は求められる最低レベルに改善も、リスク回避の単調な攻撃でスコアレスドロー

【大宮vs千葉】レポート:守備は求められる最低レベルに改善も、リスク回避の単調な攻撃でスコアレスドロー

2020年10月15日 18:52 by akanuma_keiko

 

前節(第25節・水戸戦)で1-5と大量失点で敗れた千葉にとって、今節での無失点は大きな成果といえるだろう。確かに、プレスをかけに行くスピードや迫力、球際での激しさ、そして守備時の連係など、千葉は明らかに前節よりも良くなっていた。だが、それは尹晶煥監督が就任時に選手に求めていたもので、今節の守備はこれまでも試合によってはできていたレベルでしかない。千葉の守備がレベルアップしたわけではなく、現在の大宮もまた千葉と同様に攻撃面で多くの課題を持っているチームだ。それを考えれば、今節のスコアレスドローという結果と内容は、まさに攻撃に難点があるチーム同士のものだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

増嶋竜也選手「試合中にトリ(鳥海晃司)がもう泣いていたので、あの顔を見たら最後はもう涙を流しながら試合をしていました」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

佐藤寿人選手「素晴らしいホームの雰囲気を作ってくれて勝つことができて、最後に笑顔で終わることができて非常に嬉しく思います」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)