ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:守備は求められる最低レベルに改善も、リスク回避の単調な攻撃でスコアレスドロー

山下敬大選手「結果としてゴールに向かう回数というのは少なかったし、シュートを打った回数も2人とも少なかった」(全文掲載)

2020年10月15日 14:33 by akanuma_keiko

●山下敬大選手:

Q:今日は船山貴之選手との2トップでしたが、これまで試合の中では船山選手との2トップはあまりなかったと思いますが、よりよくフィニッシュに持っていくために船山選手との連係で気をつけていたことはどんなことでしたか。

「2人の距離感という面では、ディフェンスのところも攻撃のところも常に意識しながらやっていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

増嶋竜也選手「試合中にトリ(鳥海晃司)がもう泣いていたので、あの顔を見たら最後はもう涙を流しながら試合をしていました」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

佐藤寿人選手「素晴らしいホームの雰囲気を作ってくれて勝つことができて、最後に笑顔で終わることができて非常に嬉しく思います」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)