ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:果敢に『前へ』仕掛ける攻撃と粘り強い守備で、気迫あふれるプレーを見せて勝ちきる

【愛媛vs千葉】レポート:果敢に『前へ』仕掛ける攻撃と粘り強い守備で、気迫あふれるプレーを見せて勝ちきる

2020年09月14日 13:15 by akanuma_keiko

覇気や気迫だけで試合に勝てるものではないが、そういったものによってプレーが改善されたり、やるべきプレーが選択されて実行されたりする。それを示したといえる千葉の第12節・磐田戦以来の勝利、そして第11節・松本戦以来の無失点だった。今節での千葉の選手は臆することなく球際で戦い、粘り強く守り、勇気を出して攻めた。ただし、千葉にとって最大の課題は、尹晶煥監督が「選手それぞれの調子の波が大きい」と話しているように、試合ごとに好不調の波が大きく、安定感がないことだ。もちろん対戦相手の戦い方や強さの影響もあるが、千葉の場合はやるべきことをできずに、というよりはやらずに、自ら自滅してしまうケースが多い。だが、そういった悪癖を払拭するきっかけにしたい勝利であることは間違いない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs京都】プレビュー:サイドだけでなく中央も攻めて得点を狙い、京都の中央突破を許さないように注意する

【千葉vs京都】プレビュー:サイドだけでなく中央も攻めて得点を狙い、京都の中央突破を許さないように注意する

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)