ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:果敢に『前へ』仕掛ける攻撃と粘り強い守備で、気迫あふれるプレーを見せて勝ちきる

本村武揚選手「1回相手と駆け引きして、仕掛ければ何かが起こるんじゃないかなと考えて、とりあえず突っ込んでみました」

2020年09月13日 19:23 by akanuma_keiko

●本村武揚選手:
Q:今日はサイドバックがなるべく高い位置をとって攻めるようにという指示をしたというふうに尹晶煥監督がお話しされていたのですが、具体的にはどういう話があったのでしょうか。

「相手が(最終ラインは)3枚でくるというのは知っていたので、ウイングバックが上がったところのスペースがすごく空くと思っていたので、ボランチが前を向いたタイミングで自分が高い位置をとれれば、裏がとれるんじゃないかなというのは右サイドハーフの(矢田)旭さんとけっこう話していて、それがうまくできたと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs京都】プレビュー:サイドだけでなく中央も攻めて得点を狙い、京都の中央突破を許さないように注意する

【京都戦直前レポート】新井章太選手「自分が一番前に立ってみんなを引っ張っていくというのも大事だと思いますし、それをやっぱり僕だけじゃなくていろんな選手に分かってほしい」+チャンミンギュ選手

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)