ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:果敢に『前へ』仕掛ける攻撃と粘り強い守備で、気迫あふれるプレーを見せて勝ちきる

本村武揚選手「自分はそんなにうまい選手ではないので、やっぱり気持ちの部分や声というのを発信していって、チームに貢献できればいいかなと思います」

2020年09月11日 18:46 by akanuma_keiko

写真:2月20日撮影

●本村武揚選手:
Q:ここまで試合に絡めるようになって右サイドバックで出場していますが、ご自身の評価と、こんなプレーを増やしたいとか力強さを出していきたいなどブレイクしていくうえでのポイントを教えてください。
「今季初めて出たのが(第13節)長崎戦で、その長崎戦では守備に追われることが多かったんですけど、守備のところでけっこう課題が出たというか、前に行けていなかったので、それを改善して(第17節)京都戦に挑めたというのは良かったんですけど、後半のラストのほうの押し込む場面での攻撃のところでちょっと消極的なところがあったので、もう少しそこを積極的にやっていければ、試合に絡めるんじゃないかなと思います」


Q:それでは、ご自身としてはある程度納得できるというか、合格点があげられるプレーですか。
「合格点はまだあげられないと思いますけど。…そんな感じです(苦笑)」

Q:今、チームが難しい状況の中で愛媛と対戦しますが、愛媛の試合映像を見て、愛媛戦に出場したらどんな役割を果たしていきたいと考えているのか、教えてください。
「やっぱり相手があってのサッカーなので、相手をまずリスペクトして、自分はやれることをしっかりチームのためにやって、自分はそんなにうまい選手ではないので、やっぱり気持ちの部分や声というのを発信していって、チームに貢献できればいいかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新井章太選手「自分が一番前に立ってみんなを引っ張っていくというのも大事だと思いますし、それをやっぱり僕だけじゃなくていろんな選手に分かってほしい」

【京都戦直前レポート】新井章太選手「自分が一番前に立ってみんなを引っ張っていくというのも大事だと思いますし、それをやっぱり僕だけじゃなくていろんな選手に分かってほしい」+チャンミンギュ選手

チャンミンギュ選手「今回は本当に最大限、ミスを減らしていくということが試合では重要になってくると思います」

【京都戦直前レポート】新井章太選手「自分が一番前に立ってみんなを引っ張っていくというのも大事だと思いますし、それをやっぱり僕だけじゃなくていろんな選手に分かってほしい」+チャンミンギュ選手

尹晶煥監督「コンディションがいい選手が(試合に)出ないといけないと思うので、それを重点に置いてやっています」

【千葉vs岡山】レポート:見事な連係のサイド攻撃での2得点で勝つが、後半は押し込まれる展開を変えられず苦戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)