ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:入りは悪くない前半のミスでの2失点が響き、精度とアクセントを欠く攻撃で無得点負け

【京都vs千葉】レポート:入りは悪くない前半のミスでの2失点が響き、精度とアクセントを欠く攻撃で無得点負け

2020年09月07日 11:35 by akanuma_keiko



前節まで4試合未勝利(1分3敗)だったものの、試合内容には多少なりとも成長や好材料を見出せる部分があった。だが、今節の攻守には上積みを感じられる部分がほとんどなく、完全に千葉が自滅した敗戦といえる。また、失点には選手個人のミスや連係のミスが要因になってはいるものの、個人的には尹晶煥監督のスタメンの選択、そして選手交代などの采配には首をかしげざるを得ないものもあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)