ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:入りは悪くない前半のミスでの2失点が響き、精度とアクセントを欠く攻撃で無得点負け

田坂祐介選手「攻撃になった時の精度がちょっと今は足りない」

2020年09月06日 11:31 by akanuma_keiko

●田坂祐介選手:

Q:(熊谷アンドリュー選手の負傷交代によって)田坂選手は途中からの出場になりましたが、まずピッチに入ってみて感じたことを教えてください。

「相手は後ろからしっかり(パスを)つないでくるチームだったので、守備のところで後手にならないように、しっかり前線の選手を動かしながら守備をするというのが、失点をするところまでは悪くなかったと思います。(ボールを)奪えてチャンスができている部分もあったと思うので。あとは攻撃になった時の精度がちょっと今は足りないと思うので、そこにこだわっていかないといけないなと思います。そこは試合全体を通して思ったことです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)