ジェフ便り

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

2020年08月04日 11:58 by akanuma_keiko

内容を考えれば、決して勝てない試合ではなかった。勝てないまでも引き分けで終われたはずの一戦で、敗戦となるような試合ではなかった。同点に追いつかれた失点はあまりにも不運な判定によるPKではあったが、群馬に逆転を許したシーンはしっかり守りさえすれば敗戦となる失点は防げた。また、それ以上にボールを動かしてゴール前まで攻める回数を考えれば、得点は1で終わらずに、もっと多く点が取れていてもよかった。攻守両面で詰めの甘さが露呈した、今季初の逆転負けだった。

3連戦の3試合目だったが、前節(第8節・山形戦))からの千葉のスタメン変更は1人だけで、前節で負傷交代したクレーベに代わって2トップの一角に川又堅碁が入った。対する群馬も前節(第8節・栃木戦)からのスタメン変更は1人だけで、林陵平に代わって進昴平が2トップの一角に入った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

岩崎悠人選手「チームとしては“入り”で少しバタバタしてしまったところがあった」

【千葉vs甲府】ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

【千葉vs甲府】ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

【千葉vs甲府】プレビュー:今季に目指す『攻撃的な守備』と攻撃のバリエーションの増加に注目する開幕戦

【千葉vs甲府】ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)