ジェフ便り

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】プレビュー:クロスボールの対応を的確に行ない、緩急のリズムと効果的な位置取りで得点を狙う

2020年08月01日 18:44 by akanuma_keiko

2試合連続で1-2のスコアで敗れ、今季初の連敗で迎えた前節(第8節・山形戦)の千葉は、守備ブロックを築くところと前からプレスをかけるところを使い分け、守備での粘り強さを発揮して無失点に抑えた。ただし、その一方で山形の守り方の影響もあり、ボールの保持率は高かったものの、攻撃は迫力とアイデアを欠いた感が強かった。42分にクレーベが負傷して櫻川ソロモンに交代するアクシデントもあったが、決定機の数自体も少なく、結果的に無得点。連敗は止めたものの、スコアレスドローで勝点は1にとどまった。

今季、J2に戻ってきた群馬は、第5節・山形戦で3-2と点の取り合いを制し、今季初勝利を獲得した。だが、第6節・松本戦は0-2で敗れ、第7節・金沢戦はオウンゴールの失点を含めて0-5の大敗となった。大量失点には守備の要であるセンターバックの渡辺広大が、顔面骨折で金沢戦から欠場している影響もあるだろう。また、右サイドバックの平尾壮も負傷欠場中で、本来はボランチでプレーしていた岩上祐三が右サイドバックでプレーしている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)