ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

【山形vs千葉】プレビュー:勝ちきって連敗阻止をしたい一戦では堅固な守備を崩すアイデアと集中力の持続が鍵

2020年07月29日 08:00 by akanuma_keiko

第6節・東京V戦は1-2で敗れ、何が何でも連敗だけは避けたかった前節(第7節・甲府戦)だったが、結果は再び1-2の敗戦となった。甲府が引き気味で守ったこともあり、前半の千葉はボールを保持して主導権を握ったが、甲府を脅かすような形のフィニッシュになかなか持ちこめず、ボール保持率のわりには決定機をほとんど作れなかった。前半よりも前からプレスをかける守備を行ない、より集中して臨みたかった後半だったが、49分に甲府のサイド攻撃からの流れで中央からミドルシュートを決められて失点。63分には甲府がセットプレー、それもCKからの得点が多いのは承知して警戒していたにもかかわらず、CKからうまく追加点を奪われてしまった。千葉は75分に交代出場した櫻川ソロモンが、田口泰士のFKにバックヘッドのような形でシュートを決め、一矢を報いるにとどまった。守備ではクリアミスやマークミスが失点につながり、攻撃では甲府が嫌がるところを突くアイデアや思い切りの良さの不足が決定力不足につながった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)