ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:クリアやマークのミスが絡む失点と相手が嫌がるような工夫を欠く攻撃で敗れて連敗

【甲府vs千葉】レポート:クリアやマークのミスが絡む失点と相手が嫌がるような工夫を欠く攻撃で敗れて連敗

2020年07月26日 19:12 by akanuma_keiko

悔いのない敗戦などまずない。だが、今節の千葉ほど、攻守両面のプレーや尹晶煥監督の采配で悔やまれる敗戦はないだろう。攻撃では特に前半、甲府の守り方の問題もあって、千葉がボールを保持して主導権を握っていたわりには、アイデアや精度を欠いて得点どころか決定機を多く作れなかった。そして、守備では尹晶煥監督が最も重視しているゴール前中央で、ミスが重なったことで失点を招いた。勝てる可能性が決して低くはなかった試合で追いつくことすらできずに敗れた。7試合を終えて4敗は、J1自動昇格をしようとするチームにしては、あまりにも簡単に負けすぎている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)