ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:同点に追いついたあとの試合運びの拙さとサイド攻撃の対応不足で1-2と競り負ける

見木友哉選手「インパクトも悪くなったんですけど、ボール1個分外れてしまったので。そういうところを決められる選手にならないといけない」

2020年07月19日 11:57 by akanuma_keiko

●見木友哉選手:
Q:交代出場するときは尹晶煥監督からどのような指示があったのか、そして自分ではどのようなプレーをしようと思ってピッチに立たれたのか、教えてください。
「監督から言われたのは『守備のところでしっかりポジショニングをとれ』ということだけで、それしか言われなかったです。自分としては、チームが負けていましたし、攻撃が自分の良さだと思っているので、そこも期待されて出されたと思って、自分もゴールに絡んで同点、逆転とできるように考えていました」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)