ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:同点に追いついたあとの試合運びの拙さとサイド攻撃の対応不足で1-2と競り負ける

【千葉vs東京V】レポート:同点に追いついたあとの試合運びの拙さとサイド攻撃の対応不足で1-2と競り負ける

2020年07月19日 14:58 by akanuma_keiko

前節(第5節・金沢戦)ではフィールドプレーヤーを全員入れ替えたスタメンで臨み、Jデビュー戦の櫻川ソロモンと見木友哉という若手選手の得点で2-0の勝利を収めた。そして、第2節・大宮戦からホームでは連敗し、今季はまだ連勝がないだけに、千葉にとっては何が何でも勝利という結果を出したい一戦だった。だが、最初の失点は千葉には不運と思われる三上正一郎主審のファウルの判定によるPKだったとはいえ、一時は同点に追いついたものの、あっさりと失点しての1-2の敗戦は非常に悔やまれるものだ。東京Vの攻撃に我慢強く対応して守りながら、好機を生かして攻めに出て得点を狙う。その戦い方自体は東京Vに多くの決定機を作らせはしなかった。しかし、結果的に2失点目はサイドを相手に使われたとしても中でしっかり守るという鉄則を守り切れなかったし、相手に再三サイド攻撃をさせてしまったツケが出た失点のように見えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)