ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

【千葉vs栃木】プレビュー:相手のサイド攻撃への対応を的確に行ない、プレスをかわす攻撃でゴールを狙う

2020年07月10日 22:09 by akanuma_keiko

 

今季初のアウェイゲームだった前節(第3節・水戸戦)で、ボール支配率は水戸よりも少なかったものの、数少ない決定機を確実にモノにして3-0の快勝を収めた。その試合で、尹晶煥監督は第2節・大宮戦では特に攻撃面で効果的ではなかった右サイドの2人のスタメンを変更。その采配が奏功し、右サイドハーフの米倉恒貴のラストパスから、6分と早い時間に山下敬大が先制点をゲットした。この先制点につながるシーンでは、米倉が水戸の選手にプレッシャーをかけ、クレーベがボールを奪取して米倉にパスを出している。前線からの組織的な守備が機能したことで生まれた先制点でもあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

山下敬大選手「1点取って、やっぱり2点目というのを意識しなくちゃいけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)