ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

増嶋竜也選手「どんな形でもいいので勝ってチームの自信にしたい」

2020年07月03日 11:31 by akanuma_keiko

写真=2020年3月25日撮影

●増嶋竜也選手:

Q:再開初戦は、トレーニングゲームとは違うもののリモートマッチ(無観客試合)となりました。実際にリモートマッチを体感してみて、どう感じられましたか。
「試合をやっている中ではあんまりやりにくいとかなかったのかな。僕としては声が通るので、逆にやりやすいです」

Q:普通の試合では、コーチングが隣の選手ぐらいにしか伝わらないですか。
「はい。声が通るのはチームとしてたぶんやりやすいと思う一方で、声を(DAZNの配信映像用のマイクに)ちょっと拾われすぎて恥ずかしいです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「アウェイですが、全員がしっかり準備をして、まずはアウェイでも連敗を断ち切るという作業をしっかりしていきたい」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

新井章太選手「1個、1個のところをもっともっと追求していきたい」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

山下敬大選手「やっぱり勝利につながるゴールを取りたいです」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)