ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

堀米勇輝選手「セットプレーが鍵になる」

2020年07月03日 11:36 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

●堀米勇輝選手:

Q:前節(第2節・大宮戦)は久々のリーグ戦再開となりましたが、リモートマッチ(無観客試合)でした。リモートマッチを体感してみて、その中で試合をやってみてどうでしたか。不思議な感覚でしたか。
「初めての経験だったので、やっぱりお客さんがいない状況でプレーする難しさはありました」

Q:試合をやるうえでいろいろな制限があったと思います。例えば(飲水用の自分専用の)ボトルを取るにも一苦労というか、そういったものはありましたか。
「そうですね。自分で(ボトルを)取りたい場所で取りたいタイミングで取れなかったりしたので。水を飲みに行くにも移動しなければいけないというところの大変さはやっぱりありました」

Q:サポーターの声援がないという部分に関しては、先ほどもお話しされていましたが、背中にサポーターからのパワーを受けられないというか…。
「開幕戦がサポーターの皆さんの力を非常に借りて勝てたという勝利だったと思うので。再開して余計に(サポーターの力があるのとないとの差を)感じました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「アウェイですが、全員がしっかり準備をして、まずはアウェイでも連敗を断ち切るという作業をしっかりしていきたい」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

新井章太選手「1個、1個のところをもっともっと追求していきたい」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

山下敬大選手「やっぱり勝利につながるゴールを取りたいです」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)