ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

2020年02月24日 17:29 by akanuma_keiko



試合内容が良くなかったことは選手も監督も認める言葉を口にしていた。だが、今季は、攻撃を重視して守備は前からのプレスがメインだった昨季までの数年とはまったく違う、ブロックを築いて守る新たなサッカーに取り組んでいる。その状況下で、J2リーグの開幕戦で勝点3を得るという結果を出したことの重要性について、選手も監督も同じように語っていた。完成形に向けてスタートしたばかりのチームにとって、勝つことで手応えと自信を得て次節に向かえることは非常に大きい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs松本】レポート:出場機会を得た選手が意地を見せて攻守で奮闘し、2試合連続無失点で今季初の連勝

【千葉vs松本】レポート:出場機会を得た選手が意地を見せて攻守で奮闘し、2試合連続無失点で今季初の連勝

増嶋竜也選手「(2得点は)やっぱり気持ちいいですね」

【千葉vs松本】レポート:出場機会を得た選手が意地を見せて攻守で奮闘し、2試合連続無失点で今季初の連勝

佐藤寿人選手「僕も狙いどおりでしたし、旭もそこは意識して見てくれていたので」

【千葉vs松本】レポート:出場機会を得た選手が意地を見せて攻守で奮闘し、2試合連続無失点で今季初の連勝

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)