ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

安田理大選手「(ディフェンスラインが)5枚になった瞬間は『イケるな』って感じました」

2020年02月23日 18:24 by akanuma_keiko

●安田理大選手:
Q:試合開始早々にゴールが入って、波に乗れるかなと思いきや、かなり相手にボールを持たれましたが、
「相手にボールを持たれましたけど、俺としては尹さんのサッカーで勝ったっていう感じはすごくあります。鳥栖でやっていた時はこういう試合で勝った回数がすごく多かったし、(ディフェンスラインが)5枚になった瞬間は『イケるな』って感じました。ちょっと5バックの時間が長いなと思いましたけど(苦笑)。早いなと思いましたけど、そのぶん戦い方がハッキリしたから。全員がしっかりポジションを取って守備でっていう戦い方になったから、前線の選手は戦い方が変わってきつかったかもしれないけど、それでも全員でしっかり守って、内容とかよりも勝点3がいいんじゃないですか」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)