ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

新井一耀選手「今年は開幕戦からホームでできるし、そこで勝つことによってやっぱり自分たちの勢いも出る」

2020年02月22日 12:40 by akanuma_keiko


【写真】ちばぎんカップでは個人としてもチームとしても悔しい結果となった新井一耀は「攻められた時に戻すポジショニングやボランチを含めてパスコースを切るポジショニング、4人でラインをそろえることをずっとやってきた」と守備陣での練習について話した

●新井一耀選手
Q:ちばぎんカップはご本人とってもチームにとっても悔しい結果になったと思いますが、それも含めて今週は開幕戦に向けて守備面の修正を図ったと思います。そのあたりは手応えとしてはいかがですか。
「そうですね。コミュニケーションの部分が大事だと思うので、そこのところは映像を見ながらだったりでお互いに近いポジションの選手が話し合ったりして、よくなっていく部分はあると思うので、そこはやっぱり90分間切らさずにやることが大切だと思います。そういうところを修正してやっていけているとは思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やっぱり守備が堅くなったぶん、攻撃もスムーズに行けるようになったところもある」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

小田逸稀選手「もっとアシストもしたいし、得点にも絡んでいきたい」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)