ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

新井一耀選手「今年は開幕戦からホームでできるし、そこで勝つことによってやっぱり自分たちの勢いも出る」

2020年02月22日 12:40 by akanuma_keiko


【写真】ちばぎんカップでは個人としてもチームとしても悔しい結果となった新井一耀は「攻められた時に戻すポジショニングやボランチを含めてパスコースを切るポジショニング、4人でラインをそろえることをずっとやってきた」と守備陣での練習について話した

●新井一耀選手
Q:ちばぎんカップはご本人とってもチームにとっても悔しい結果になったと思いますが、それも含めて今週は開幕戦に向けて守備面の修正を図ったと思います。そのあたりは手応えとしてはいかがですか。
「そうですね。コミュニケーションの部分が大事だと思うので、そこのところは映像を見ながらだったりでお互いに近いポジションの選手が話し合ったりして、よくなっていく部分はあると思うので、そこはやっぱり90分間切らさずにやることが大切だと思います。そういうところを修正してやっていけているとは思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)