ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【琉球戦直前レポート】我慢する時間帯にしっかり耐えて守り、効果的な縦方向の攻撃でゴールを奪う

2020年02月22日 13:16 by akanuma_keiko


【写真】主に攻撃的なポジションでプレーする選手のグループが集まり、シュート練習についての説明を受けていた。

9時30分スタート予定だった2月20日のトレーニングだったが、10時30分スタートに変更となった。スタートが1時間遅くなったぶん気温が上がったこと、天気予報では曇りだったのが晴れて暖かな陽射しが降り注いだことで、厚着をして日向にずっといると暑くなって汗をかくくらいだった。取材も見学もしやすい天候の中、選手も尹晶煥監督はじめコーチングスタッフも開幕戦に向けてのトレーニングに力を注いでいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)