ジェフ便り

【退団選手コラム】岡本昌弘:明るい笑顔と正確なキャッチングが魅力の守護神

【退団選手コラム】岡本昌弘:明るい笑顔と正確なキャッチングが魅力の守護神

2019年12月29日 20:22 by akanuma_keiko

筆者が岡本昌弘のプレーを初めて見たのは、1998年12月26日の第10回高円宮杯全日本ジュニアユース選手権大会の準決勝・東京ガスFC(現・FC東京)戦だった。ちなみに、その試合でスタメン出場した選手の中には岡本と同様にトップチームに昇格した山岸智と工藤浩平がおり、ベンチスタートの選手の中にはJリーガーとなって活躍した小宮山尊信と鈴木規郎がいた。

35分ハーフの試合は前後半とも東京ガスFCが優勢だった。特に後半は途中までジェフはセカンドボールを拾えず、東京ガスFCにボールを支配されていた。だが、岡本は相手チームのミドルシュートやFK、CKで正確なキャッチングを披露。ジェフは後半13分に山岸がPKを決めて1-0で勝ち、決勝進出を決めた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【選手コラム】本田功輝: 『Jデビュー』を意識しすぎず通過点と捉え、日々の積み重ねを大切にする

【選手コラム】本田功輝: 『Jデビュー』を意識しすぎず通過点と捉え、日々の積み重ねを大切にする

【引退選手コラム】佐藤勇人:愛するクラブのために『闘心』で前に進んでいく姿勢を貫く

【引退選手コラム】佐藤勇人:愛するクラブのために『闘心』で前に進んでいく姿勢を貫く

【バックナンバー】これまでにジェフ便りで掲載した選手コラム【選手からの便り】をご紹介しています。

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)