ジェフ便り

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

2019年11月26日 19:06 by akanuma_keiko

●髙橋悠太GM:
「皆さん、こんにちは。今日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。髙橋です。まず、今日ここに来シーズンより尹晶煥監督にジェフの指揮を執っていただくことになったことを、改めて発表いたします。

今シーズンもそうですし、昨シーズンもあまりいい結果とはいえないような形でシーズンが終わってしまっていて、クラブとしても今の順位とか今のチームの環境にものすごく危機感を感じています。そのうえで、本当にもう1回チームとして上を向いて戦える集団にしたいというような思いを込めて、このシーズンの終盤の前くらいから尹晶煥監督と交渉をさせていただいて、今回、こういった形で発表できるという運びとなりました」

●尹晶煥監督:
「(日本語で)こんにちは。はじめまして。1年ぶりに日本に帰ってきました尹晶煥と申します。よろしくお願いします。

日本語はここまでにしておきます(笑)。まずは正式に来年からジェフ千葉の指揮を執ることになりました、尹晶煥と申します。まずは本当に難しい状況の中で、私にまずオファーをしてくれたことに感謝をしたいです。その話を聞いて、本当に多く悩みました。その嬉しい悩みの中でこのチームを選んだのは、まず他のチームよりも最初に私に対してオファーをしてくれたということ。こういったチームをまた作れるということに対してやりがいを感じます。本当に簡単ではないと思いますが、多くの方が期待をしてくれているということで、そのような期待に応えられる、そういったチームを作り上げられる監督になりたいと思います。

(記者会見に)多くの方にいらっしゃっていただいたのですが、『まず何を話せばいいのかな』というところなんです。急な記者会見がセッティングされておりましたので、最終戦が終わったばかりというところで、皆さんもその余韻が残っているのではないのかなと思います。このような忙しい時期に来ていただいたことに感謝申し上げます」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

田坂祐介選手「もう残り1試合ですけど、(自分が)出る、出ないにかかわらずチームのために何かできるかなと思って、チームもそうだし、自分もベストな準備ができればいいと思う」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)