ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】プレビュー:佐藤勇人と江尻篤彦監督のラストゲームだが、平常心で勝つことに集中して戦いたい

2019年11月23日 18:38 by akanuma_keiko


千葉にとって今季の公式戦のラストゲームであるJ2リーグ戦の最終節を迎える。この最終節はまた佐藤勇人にとっては現役最後の試合であり、江尻篤彦監督にとっては2度目の就任となった千葉の指揮官としての最後の試合となる。今季の戦績を考えれば、佐藤勇にとっても、江尻監督にとっても、そして千葉の選手やコーチングスタッフにとっては悔いの残るものとなってしまった。だが、この一戦についてだけはとにかく悔いを残さないように、さらに来季につながるものにしようと考えて、チームは最終節に臨む。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)