ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「リスクを冒して20年間、サッカー選手としてやってこられたので、必ずリスクを冒すプレーをしたい」

2019年11月22日 20:37 by akanuma_keiko

テレビ番組のクルーも取材に訪れ、現役最後の公式戦に向けて囲み取材に対応した佐藤勇人は、ピッチに立ったらどんなプレーをしたいか問われると「リスクを冒して20年間、サッカー選手としてやってこられたので、必ずリスクを冒すプレーをしたい」と語った。

●佐藤勇人選手:

Q:現役引退会見から1カ月が経ちましたが、実感は湧いてこられたでしょうか。
「よくそういう話をしてくれるんですけど、正直、あまり実感が湧いていないのと、これだけ多くの人が来てくれたりとか、クラブもいろんなことをしてくれていますし、JR東日本(株式会社)さんもそうですし、自分がお世話になった周りの人たちがいろんな形で自分のことを取り上げてくれているので、そういうのを見たり、聞いたりするとちょっと感じる部分はありますけど、普段の生活、試合に向けての1週間の準備とかはまったく変わっていないので、そのへんは実感は湧いていないですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)