ジェフ便り

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

【千葉vs柏】プレビュー:集中力を維持して隙を作らずに守り、隙を逃さずに攻めて勝ちたい千葉ダービー

2019年10月19日 16:44 by akanuma_keiko

第35節・山形戦で1-4の大敗を喫した千葉は、前節で前回対戦(第16節)のホームゲームでは1-4で敗れた長崎とのアウェイゲームに臨んだ。山形戦ではクレーベと増嶋竜也が負傷交代し、前節はクレーベがスタメン出場だったものの増嶋は欠場。しかし、長崎が千葉のディフェンスラインの背後のスペースを狙う攻撃、スピーディーなパスワークの攻撃を仕掛けてくる中、前線からのプレスでコースを限定させつつ、ゴール前では粘り強く対応した。長崎のシュートの精度不足に助けられたところもあったが、山形戦で悔しい思いをした新井一耀をはじめ守備陣がゴール前での体を張ったプレーで失点を阻止。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)