ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:最後の局面で体を張り続けて無失点に抑え、流れを変えた堀米が1得点1アシストの活躍

矢田旭選手「来季につなげるためにもやっぱり勝点を取って、J2残留というのは1試合でも早く確定させなきゃいけない」

2019年10月11日 13:05 by akanuma_keiko

【写真】長崎はショートカウンターが得意だが、千葉もカウンター攻撃で点を取りきりたいのではという問いに、矢田旭は「僕が移籍してきた時はショートカウンターがうまくいっていた。もともとの強みであった部分をもっと取り戻していけたら」と話した。

 

●矢田旭選手:
Q:前節(第35節・山形戦)では今季初ゴールをマークされましたが、時間帯としては前半に1失点していたものの後半に盛り返すという意味ではいい時間帯の得点だったと思うのですが、決めた時はどのような心境でしたか。

「いや、もう、今季初だったので、そこは単純に嬉しかった。でも、今までに取れるシーンがいっぱいあった中でなかなか決められていなくてのあの時だったので、これからそのぶんを取り返していけるように、残りは7試合ですけど、頑張りたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)