ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】プレビュー:走力自慢の水戸に走り勝つことを考えつつ、攻守で賢く粘り強くプレーしたい一戦

2019年09月13日 19:10 by akanuma_keiko

クレーベの同点ゴールで追いついて1-1で引き分けた第30節・町田戦を経て迎えた前節(第31節)の新潟戦の千葉。第30節終了時点で15得点をマークし、最も警戒すべき点取り屋であるレオナルドに対するマークの甘さから、試合開始早々の5分に先制ゴールを奪われた。さらに、18分にもレオナルドのマークを怠ったこともあり、堀米悠斗とのワンツーパスからフリーになっていたレオナルドに追加点を取られてしまった。さらに、33分には負傷した小島秀仁が熊谷アンドリューと交代となるアクシデントも発生する中、千葉は両サイドから攻めて反撃した。千葉がペースを握った後半、59分に船山貴之が左サイドに展開するパスを出し、下平匠、為田大貴とパスをつなぐと為田がゴール前のファーサイド寄りにクロスボールを入れる。それに合わせて飛び込んだ米倉恒貴がヘディングシュートを決めて1点差とした千葉は、まずは同点を目指して攻め続けたが、あと1点が取れずに1-2で敗れた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)