ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【水戸戦直前レポート】前の選手を追い越す『3人目』の動きで得点し、攻守で走り勝つことがポイント

2019年09月13日 12:02 by akanuma_keiko

この度の台風15号によって被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。被災した地域の1日も早い復興と、その地域にお住まいの皆様に1日も早く平穏な日々が戻ることを願っております。

筆者は9月11日のトレーニングの取材で、台風15号通過後、初めてユナイテッドパークに行ったが、クラブハウスに損壊した場所があることから、通常は通れるエリアが通れなくなったり、修理のためにやってきた業者と思われる人が出入りするのを見かけたりした。Bコートでの練習取材&写真撮影の際には、広報から「壊れているところもあるので、気をつけてください」というような言葉がかけられた。チーム管理のスタッフの話では、トレーニングの用具にも壊れたものがあるそうで、修理の手配をしているとのことだった。
そんな状況ではあったが、チームは今節の水戸戦で勝利を獲得するため、湿度が高くて非常に蒸し暑い中、9月中旬に入るにもかかわらず真夏のような陽射しの下で、こまめに飲水を兼ねた休憩を入れながら、ハードなトレーニングに取り組んだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)