ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:点取り屋のマークを怠る自滅の2失点が響き、後半の反撃は1点どまりで敗れる

【新潟vs千葉】レポート:点取り屋のマークを怠る自滅の2失点が響き、後半の反撃は1点どまりで敗れる

2019年09月08日 21:14 by akanuma_keiko

試合開始早々の連続失点が試合を難しいものにした。江尻篤彦監督が就任以来、選手に言ってきたことの1つに『球際』がある。球際の勝負でしっかり勝つことをトレーニングで口酸っぱく言ってきたが、それが試合でできていないことから、わざわざトレーニングで1対1の局面を想定した練習メニューを選手にやらせたこともあった。とはいえ、いくら指導者が指摘してトレーニングしても、最終的にそういった個の部分のプレーはその選手の意識次第のところもある。現に、今節でも江尻監督に何度も厳しく言われてトレーニングをやってきていたにもかかわらず、競り合いで簡単に相手に入れ替わられて前に行かれたり、寄せきれずにシュートを打たれたりしている選手が複数いた。

第25節・琉球戦以来、1分5敗と勝ち星から遠ざかっていることから、千葉サポーターには監督交代を望む声も大きくなっている。だが、指導者に指摘される以前の問題である、サッカーの基本をしっかりできない選手が試合に出ている状況では、監督交代を行なったところで事態の大きな好転は難しいだろう。千葉はここ数年、クラブとして『攻撃的なサッカー』を標榜するあまり、攻守は表裏一体で切り離せない重要な要素であるにもかかわらず、守備面を軽視した戦力補強や指導者によるトレーニングをしてきた。今、そのツケが戦績として表われているといえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)