ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:点取り屋のマークを怠る自滅の2失点が響き、後半の反撃は1点どまりで敗れる

鳥海晃司選手「今は自分たちに目を向けて基本のところをしっかりやるというのを意識して、隙を見せないでやっていきたい」

2019年09月06日 11:52 by akanuma_keiko

【写真】4連敗もあってプレッシャーが厳しいという鳥海晃司は、新潟戦に向けて「もう本当に相手によってとかではなくて、自分たちに目を向けて基本のところをしっかりやるというのを意識して、隙を見せないでやっていきたい」と話した。

●鳥海晃司選手:

Q:前節(第30節・町田戦)の失点シーンは鳥海選手としては非常に悔しかったと思うのですが、あのあたりは町田に押されてセットプレーも多かったし、しんどい時間帯が続いた感じはありましたか。
「そうですね。ちょっと(ディフェンス)ラインが深くなりすぎたのかなというのがあるし、下がるタイミングとかではなくて、スタートの位置が低かったのかなというのがあると思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都戦直前レポート】攻撃は『大外』と『裏』を忘れずに意識して狙い、2度追いも入れながらタイトに守る

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)