ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:点取り屋のマークを怠る自滅の2失点が響き、後半の反撃は1点どまりで敗れる

為田大貴選手「どんな試合展開になっても自分たちがその試合でやると決めたことを90分間通してやり続けないといけないと思います」

2019年09月06日 11:54 by akanuma_keiko

【写真】前節(第30節・町田戦)では得点シーンに加えてチャンスメークもしていた為田大貴は「最初から自分たちがやろうとしていたことは変わらずに90分できたので、その延長戦でゴールが取れた」と振り返り、やり続けることの重要性を口にした。

●為田大貴:

Q:前節(第30節・町田戦)では、クレーベ選手の得点シーンで船山貴之選手のパスを受けてサイドで仕掛けてから下平匠選手にパスを出したり、そのあとにもサイドで仕掛けてから船山選手にいいラストパスを出したりされていましたが、そのあたりはやはり左サイドでうまく連係をとれているなという手応えはありましたか。

「そうですね。相手がすごく前から来るという情報があったので、それをうまく自分の力でひっくり返せるとは思っていましたし、(相手のマークは)1枚剥がしたら、あとはどんどんずれて行くというのはわかっていたので、常に1枚剥がすことを意識していました。ボールを取られてもどんどん前に行こうというのは意識していたので、そういうシーンが何回かうまく出たなというのはあります」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都戦直前レポート】攻撃は『大外』と『裏』を忘れずに意識して狙い、2度追いも入れながらタイトに守る

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)