ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:点取り屋のマークを怠る自滅の2失点が響き、後半の反撃は1点どまりで敗れる

【新潟戦直前レポート】プレッシャーのかけ方を意識して守り、意図や狙いがないパスを減らして攻める

2019年09月06日 12:06 by akanuma_keiko

まだ残暑が厳しいとはいえ、最高気温が30℃を超えなくなっただけでも、練習見学や練習取材には快適さが増した感じがした9月4日のユナイテッドパーク。曇り空で肌を刺すような強い陽射しがないのはいいが、それでも練習グラウンドを駆け回る選手にとっては、気温や湿度などはまだまだトレーニングには厳しい環境には違いない。この日も飲水を兼ねた休憩をこまめに入れながら、9時からスタートしたトレーニングは2時間、みっちりと行なわれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)