ジェフ便り

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

堀米勇輝選手「こういうタイミングで使ってくれたのに結果を出せなかったのはすごく申し訳ない。でも、自分は逃げずに千葉がよくなるために必死になってやっていきたい」

2019年08月24日 22:43 by akanuma_keiko

●堀米勇輝選手:
Q:今日は(第26節・鹿児島戦以来の)久しぶりの出番でしたし、しかも相手が古巣の甲府ということで、気持ちが入っていたのではないですか。

「でも、気持ちを入れすぎるといつもよくないので、平常心で入ろうと思っていました。古巣というよりは今、チームが苦しい状況なので、こういうタイミングで使ってくれたのに結果を出せなかったのはすごく申し訳ないです。でも、自分は逃げずに千葉がよくなるために必死になってやっていきたいです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】レポート:町田の縦パスにしっかり対応した守備、適切な距離感の攻撃で2-0の無失点勝利

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

米倉恒貴選手「今日はすごくチームとして守備ができていた」

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)