ジェフ便り

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

【千葉vs甲府】プレビュー:前への推進力を発揮して泥臭くとも勝利にこだわるプレーを徹底したい正念場。

2019年08月24日 20:02 by akanuma_keiko

大宮と対戦した前節(第28節)での千葉は、大宮の前線のキーマンであるロビン シモヴィッチを自由にさせないように抑え、攻守の要であるダブルボランチの小島幹敏と石川俊輝にプレッシャーをかけるため、江尻篤彦監督がダブルボランチから小島秀仁のアンカー、熊谷アンドリューと工藤浩平のインサイドハーフにシステムを変更した。だが、試合開始早々の9分にCKから失点したことで、本来であれば反撃して前への推進力を出すべきところで、千葉は後ろに重い戦いぶりとなってしまった。プレッシャーをかけて球際で相手に勝つという部分もやりきれず、27分にサイド攻撃から失点。前半のうちにシステム変更をしてもよかったはずだが、後半からダブルボランチに変えた千葉は、交代出場した見木友哉と安田理大が前への推進力を発揮し、シンプルにクレーベやゴール前にボールを入れる形で攻撃を活性化させた。86分に見木が安田のパスを大宮のイッペイ シノヅカがうまくクリアできなかったあとのボールに反応して1点を返し、その後も決定機があったがモノにできずに1-2で敗れた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)