ジェフ便り

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

小島秀仁選手「今は内容にこだわっている場合じゃない。勝ち癖をつけないといけないし、1つ勝たないと流れも来ない」

2019年08月23日 13:22 by akanuma_keiko

【写真】小島秀仁は相手の背後を取る形の得点がほとんどないことについて「もっともっと組み立てのところからやらないといけないですけど、今は内容にこだわっている場合じゃない。勝ち癖をつけないといけないし、1つ勝たないと流れも来ない」と話した。

●小島秀仁選手:
Q:もうすでに他の記者に聞かれていて、また改めてという形になって申し訳ないのですが、前節(第28節・大宮戦)での小島選手はアンカーでした。千葉でアンカーというのはほとんどなかったと思いますが、役割としてはどのようなことを言われていましたか。

「相手の2シャドーを消すのと(ロビン)シモヴィッチを消すということで、相手の前の3枚を消すという部分の役割が多かったと思うので、そこを意識してやりました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)