ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

2019年08月19日 18:53 by akanuma_keiko

第26節・鹿児島戦、第27節・愛媛戦では前半は得点したうえに無失点で、後半は連続失点のうえに無得点と、後半の戦いぶりに課題が残った千葉。だが、今節は試合のスタートに江尻篤彦監督が採用したアンカーシステムが機能せず、大宮に押し込まれて2失点。いつものダブルボランチに変更した後半は、2-0とリードしたことでの大宮の気の緩みもあっただろうが、慣れているシステムとポジションでプレーした千葉が攻守ともにリズムを取り戻した。だが、見木友哉のJ初ゴールで一矢を報いただけに止まり、せめて2-2に追いついて1は取りたかった勝点はゼロで終わった。江尻監督のシステムの選択、そして選手個々のプレーの判断と精度が悔やまれ、結果的に前半の戦いが勝敗の行方に大きな影響を与えて、千葉は3連敗となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

田坂祐介選手:「サポーターの皆さんをはじめ、チームのスタッフも支えてくれて、今日、やっとピッチに戻れたので嬉しかったです」

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

船山貴之選手「悪いところが今日出てよかったと思います」

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)