ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

安田理大選手「前に、前にというプレーを心がけたし、いいにしろ、悪いにしろ、流れを変えようと思って、積極的に前に行こうと思っていました」

2019年08月18日 22:53 by akanuma_keiko

●安田理大選手:

Q:久しぶりの出場でしたが、安田選手が出てから試合の流れが変わって、得点も生まれました。どんなことを意識されていましたか。
「前に、前にというプレーを心がけたし、いいにしろ、悪いにしろ、流れを変えようと思って、積極的に前に行こうと思っていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

為田大貴選手「少しでも(サポーターが)入ってくれていたほうがやっぱり僕たちはテンションが上がるというか、いい雰囲気だったかなと思います」

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

田坂祐介選手「試合運びがちょっと難しくなって後手を踏んだかなと思います」

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)