ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

熊谷アンドリュー選手「(工藤)浩平さんと近い距離でボールを動かしてくれと言われていたんですけど、なかなか思うようにボールを受けられなかった」

2019年08月18日 22:55 by akanuma_keiko

●熊谷アンドリュー選手:

Q:今日の前半はアンカーシステムで、しかもアンドリュー選手がアンカーではなく小島秀仁選手がアンカーでした。アンドリュー選手に対してはどのような指示が試合前にあったのですか。

「(工藤)浩平さんと近い距離でボールを動かしてくれと言われていたんですけど、なかなか思うようにボールを受けられなかったので、ちょっと下がりすぎて後ろが重くなっちゃったなというのはあります」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)