ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】プレビュー:チャレンジャーとして貪欲に得点を狙い、賢く判断しながら体を張って守りたい

2019年08月17日 18:45 by akanuma_keiko

先制点を奪いながら1-2で逆転負けをした第26節・鹿児島戦に続いて、千葉は前節(第27節)では前半に船山貴之とクレーベのゴールで2-0とリードしながら、後半に3失点して2-3の逆転負けとなった。後半になると、次第に運動量が落ちて前からのプレスには行けなくなったところで、攻勢に出てきた愛媛に対して受け身になってしまったことが大きい。前からのプレスが体力的に厳しい状態でどうしても無理ならば、ラインを少し下げてブロックを構築することで愛媛の攻撃をしっかりと受け止め、そこから反撃のチャンスをうかがうことも可能だったはずだった。だが、江尻篤彦監督からのそういった明確な指示もなく、ピッチ内の選手たちも的確に判断して意思統一をすることができなかった。

また、3-4-2-1システムの愛媛に対して守備時に誰をマークし続けるのか、もしくはスライドしてマークを受け渡すのかという対応にも判断ミスがあった。状況判断を含めたゲーム運びのまずさという課題がまた露呈した敗戦で、前節終了時の戦績は7勝9分11敗の17位。J1昇格争いを演じる位置まで上昇するのは至難の技というような状況に陥っている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)