ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

工藤浩平選手「守備だけになってしまって気持ち的にも行けなくなるというのもあるし、いい形で攻撃に行けていた時は守備もいいと思う」

2019年08月17日 09:34 by akanuma_keiko

【写真】前半に2点取りながらも2-3の逆転負けをした前節(第27節・愛媛戦)の後半について、工藤浩平は「守備だけになってしまって気持ち的にも行けなくなるというのもあるし、いい形で攻撃に行けていた時は守備もいいと思う」と振り返った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【無料掲載】9/19練習の様子(写真6枚)

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【徳島戦直前レポート】江尻篤彦監督「もう一度トレーニングの質と量を上げて、自立というものを促していかなければならない」

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)