ジェフ便り

【鹿児島vs千葉】レポート:ハイプレスで勝負した前半は1得点だけで、後半は相手の猛攻を受けて逆転負け

【鹿児島vs千葉】レポート:ハイプレスで勝負した前半は1得点だけで、後半は相手の猛攻を受けて逆転負け

2019年08月05日 19:55 by akanuma_keiko

千葉にとっては悔やまれる後半の戦いぶりだった。鹿児島も決定機を作る中、千葉の必死の守備や鹿児島の決定力不足で無失点に抑え、複数の決定機があったクレーベが先制点を奪取した前半。千葉は3連戦の3試合目、それも沖縄と鹿児島でのアウェイゲームの連続とは思えないほどのハイプレッシャー、それに合わせたハイラインで戦った。スタメンを前節から大幅に変更していないことを考えれば、後半の途中から千葉の運動量がガクンと低下することは予想できた。それだけに前半で複数得点&無失点で優位に立っておきたかったが、前半は1点のみ。後半の立ち上がりから前半よりも前からのプレッシャーのパワーとスピードをアップさせた鹿児島に押し込まれ、千葉は選手交代などで流れを変えようとしたが、その選手交代策は効果を発揮するまでに至らなかった。結局、千葉は後半のシュート数はゼロに終わり、鹿児島のサイド攻撃から2失点して1-2の逆転負け。内容はともかく勝点3の獲得が必須だった一戦は、勝点を1すら得られずに終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)