ジェフ便り

【鹿児島vs千葉】レポート:ハイプレスで勝負した前半は1得点だけで、後半は相手の猛攻を受けて逆転負け

船山貴之選手「しっかり戦い方というのを考えながらやりたい」

2019年08月03日 20:41 by akanuma_keiko

【写真】前節(第25節・琉球戦)はチームとクレーベのその試合での2点目のゴールをアシストするパスを出した船山貴之は「あれはもうクレーベの技術というかセンス、決定力がよかったかなと思う。きつい時間帯で2点目を取れたのは大きかった」と語った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)