ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート:縦パスや流動性に課題は残るもクレーベが2得点し、体を張った守備で無失点勝利

【琉球vs千葉】レポート:縦パスや流動性に課題は残るもクレーベが2得点し、体を張った守備で無失点勝利

2019年08月01日 17:43 by akanuma_keiko

熊谷アンドリューが累積警告による出場停止であるのに加えて、コンディション不良によるものか増嶋竜也も欠場と、特に守備面で重要な役割を果たす主力2人が不在だった今節の千葉。だが、クレーベが2ゴールを奪い、局面で体を張る守備をチーム全体で見せたことで、2-0の無失点勝利を獲得した。3連勝を目指した3連戦で、ホームで戦った1試合目の前節(第24節・横浜FC戦)は1-3の逆転負けを喫した千葉にとって、残り2試合はアウェイゲームという状況下の2試合目で勝ちきったのは、単に勝点3を積み上げたこと以上に精神面への好影響が大きい。そして、そのような精神面への好影響は、身体面の疲労の蓄積の感じ方にも違いを生じさせることがあり、その違いはプラスに作用しそうだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)